【スポンサーサイト】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--|
  2. スポンサー広告|
  3. TB(-)|
  4. CM(-)

【祖父】

尊敬してやまなかった、祖父が亡くなった。
自宅で、愛娘である私の母に看取られて、安らかに。

93歳、一般的には天寿全う大往生だろうけど、
シベリア抑留からも生還するくらいだし不死身だろうと思っていたので
通夜や告別式を終えた今でも、なんの実感もわかない。

明日、初七日を迎える前に、日本そばをゆでて食べた。
熱を出した小学生の僕に、じいちゃんがふるまってくれた唯一の手料理。
すごくおいしかったのに、あの時は食欲がなくて全部食べられなかったっけ。
でもじいちゃんは何も言わず、僕を寝かしつけてくれた。

ああ、僕がそば好きになったのはそのせいか。

スポンサーサイト
  1. 結婚・家庭生活 - 家族

  2. 2011-04-03(日) 22:10|
  3. 未分類|
  4. トラックバック 0|
  5. コメント 1

【アナザーワン・バイツァダスト】

母校の学園祭が、春に行われるようになったと後輩から電話があった。

「どうやら新入生歓迎も兼ねているらしいです」
『文化の日前後と決め付けてたよ。
 秋の季語だとさえ』
「でね、うちのサークルの現状を確かめてきてほしいんスよ。
 定職に就いていない先輩ぐらいしか暇な人いないし、
 ああ、安心してください。
 ただのヒラOBなんてどうせ誰にも気付かれませんから」

いくつかイラッとくる点があったが、生来こういうイベントは嫌いではない。
一路、オダQで祭り会場へ。

駅前は再開発ですっかり変わってしまっていた。
がらんどう
ピラフとナポリタンを一皿に、という夢のタッグを実現させた店も、
女子大生にフランス書院文庫を売らせていた書店も、
翌日のトイレが地獄、なのにまた食べたくなる激辛ラーメン店も、
もう無い。
レジにボニーピンク似の女の子がいるからと毎日通った某大手スーパーは
店舗自体をそのままに、店名が別のものになっていた。

卒業以来、この街に来ないようにしていたのは、
こんな 切なさ乱れ撃ちに耐えられる精神状態ではなかったからかも知れない。

楽しくて悲しくて、忘れたくないけど思い出したくもないあの頃。
カメラを持ってきたのは失敗だった。
記録は極力控えよう。

とは言え、500円で腹いっぱいになる喫茶店の健在ぶりには頬も緩んだ。
いい気分で山頂へ続く道を歩いていると、かつて通い詰めたゲーセンから
ニーュマシン
トーストをくわえたへそ山君が「遅刻遅刻!」と急に飛び出してきて
私に激突した。

「あ痛たた」
『なんとベタな』

スカートをはだけたへそ山君の、まさかの濃紺ブルマが3Dで飛び出してくるのを
私は目撃した。

「ちょっと、どこ見てんのよこのエロガッパ!」
『なんと古風な』
「転校初日からロクな目にあわないわね。気をつけなさいよ!」

走り去る彼女を見ながら、大学で転校って、あ、転入って言うんだっけ?
いやそもそも へそ山君って社会人だろう?
よく似た違う人?

疑問符がぬぐえぬまま、山頂に到着。
校門すぐ横にある1号館という三角形の校舎が、なぜか超時空要塞風の幕に覆われ、
若い守衛さんも「自慢のマクロス級なんです」と来場者にのんびり語っている。
部室もここだったなぁ
学園祭のためだけに? こんな冒険をする学校だったかしらん?

「アッー!! さっきのエロ男!」

振り向くとへそ山君が腰に手を当て、反りながらこちらを指差していた。
『ぶれないキャラ作りだな』と感心していると

「守衛さん、その男変態なんです」と大音量で密告しだしたので
慌てて右手で口をふさぎ
『僕たち仲良しデース』「ふがが」
脱兎のごとく逃げ出した。

ホタテ貝のような2号館までたどり着いたところで手を離す。
なんでこんな形に
「う~、失敗か。オモチロイかと思ったんだけどなぁ」
『・・・度が過ぎてるよ』
やっぱり本人か。よかった。それに正気ではあるようだ。

2号館前では学生プロレスがメインイベントを迎えており、
"内田有紀ッド"と"ペニー・スミス"が場外乱闘を繰り広げている間に
"あそこ覚"が"オナティッシュブルドッグ"に片エビ固めを極めるも、
しかしレフェリーは見ていない。

彼の視線の先では
【学園祭!粉砕!玉砕!大喝采!】と書かれた黒いアドバルーンを
アーチェリー部が打ち落とさんと躍起になっていた。
「ええい、撃ち方やめぇーい!」
レフェリーと守衛さんと実行委員が、逃げる魔弾の射手を追う。

「あれって精子と卵子の関係を如実に表してるよね」
『君たまに みうらじゅんみたいなことを言うよね』

すでに何本か放たれていた矢は、ふわふわりと地上に落ち始め、
「ここは3人の危険が危ない」
『パラレル西遊記だね』
万が一の流れ弾を避けるため、目抜き通りを南に逃げていくと、
さて噴水広場に黒山の人だかり。
鳥頭で黒い網タイツの鳥人間達がミスコンテストを開催している場面に出くわした。

 [間違ったイメージ画像]
 懐古厨

「ああ、今年もやってるんだ」当然のようにへそ山君がうなづく。
「アイドル虎の穴ですよ」
『こんな前衛集団いたっけ? 何サークルだ?』
「いいから楽しみなさいよこの助平」

ミスコンは男女差別を助長するとか言ってた時代から約10年。
校風がリベラルへ変わるにも程があるような・・・

私の疑念に構わずコンテストは進行し、ついに顔出し審査の部に突入。
鳥頭のマスクを脱ぎ捨てると、女学生はサザエさんヘアーだらけ。
待て待て、あのパーマネントありきのミスコンなのか、しかし、
うち女子2名は刈り上げも誇らしくスクール水着で腰をくねらせ歩くのだ。

「2番と5番の子、就職が決まったんだね。ワカメちゃんカットが許されてる」
『無茶苦茶だ』

スピーカーからは高周波のハウリングとともに
「それではッ、最終審査!勇気の試練、噴水ダイブです!
 着水距離と飛翔芸術点からなる、まさにクライマックスにふさわしい種目。
 本日は学長もお見えということで、噴水もいつもより多く射出しております。
 皆さん はりきってどうぞ!」

歓声の中、へそ山君が
「もう気付いているんだろう?」
と私の服の裾を引っ張りながらつぶやいた。

そして
『ああ、まさに鳥人間コンテストだな』
返事をしたところで目が覚めた。




心底嫌なのはこの夢が2度目だということだ。

  1. 心と身体 - 過去の日記・過去の自分

  2. 2010-04-26(月) 23:08|
  3. 未分類|
  4. トラックバック 0|
  5. コメント 1

【ミシガン・レイクライン ~ ショウナン・シンジュクライン】

普段は自転車[ケッタマシーン]しか使わないエコな私だが、
東京事変「キラーチューンPVの撮影地が
どう考えてもさいたま新都心けやき広場にしか思えないので
確かめに行くことにする。
さすがに電車を使います。ビバ宇都宮線!
速いぜ速いぜ速くて死ぬぜ~

上野から30分足らず、
平成ライダーのロケ地としても知られる近未来都市さいたま新都心。
台風の残り香でさらに激しさを増したビル風に耐え、
林檎嬢が昇った(であろう)エスカレーターをじわーっと降る。
この一体感… ぬふぅ

エクスタシーは30秒ももたず、めくるめく快感のために再び地上へ、
と折り返すとそこは
ガチャポンひしめくゲームコーナーだった。
妙な胸騒ぎをおぼえ、一面を見渡す。するとそこには

ひっそり
SEGA 「ドラえもんのどこでもドア」 1994
13年の時空を越えて、ドラ、参上!!

市原悦子
視点の定まらない目、だが確実に目が合った!
動けない…
動いたら…[]られる!
ヤツの射程距離にうっかり立ち入ったオレが間抜けだったッ

こうなったら、敵の出方を見るしかない。

ドア1枚隔てた異次元空間には、世界がどんなに移り変わっても
果てしなく明滅を続ける「おかねをいれてね」の文字。
まずは金を出せ、話はそれからだという露骨な拝金主義にある種の尊敬を覚えながらも
精一杯の眼力で扉の向こうを睨み返すと

おかねをいれてね
キャ~ッ!!!
なんていやらしい表情…ッ
こんな悪ヅラ、てんとう虫コミックス5巻『うちのプールは太平洋』以来だよ!
さぁ、パーティーのはじまりだ
もう くすりの売人としか思えないよ!

ああ、でも私の利き腕が勝手に財布から100円白銅貨を取り出し
機械のような正確さでコイン投入口にねじこんだのです。
嫌ね、男って!

さぁこいサイバー青猫ロボ!
声優リニューアル以降の原作レイプアニメを
黒歴史[なかったこと]にしてやるぜ!!

さっさとおかねをいれてね

あれ?

いいからはやくおかねをいれてね

まさか、流れた…?


帰りの交通費が!

  1. 音楽 - 東京事変

  2. 2007-09-07(金) 19:03|
  3. |
  4. トラックバック 0|
  5. コメント 1

【日清のどん兵衛 特盛かき揚げうどん】

食費を削っています。

6月5日まで158円

かき揚げはあとのせで。

シャクシャク シャクシャク

ちきしょう大当たりだッ…

  1. グルメ - カップめん

  2. 2006-05-30(火) 15:12|
  3. |
  4. トラックバック 0|
  5. コメント 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。